ロゴ

掛け軸の買取で少しでも高く売るためのポイント
掛け軸のホンネ

掛け軸の買取で少しでも高く売るためのポイント

保存状態に気を付ける

掛け軸の買取で査定額を少しでも高くするためのポイントの一つが状態の良し悪しです。これは掛け軸の買取に限った話ではありませんが、商品は保存状態によって査定金額が大きく変わってきます。


どんなに値打ちのある物であっても、保存状態が悪ければ査定額がマイナスになってしまうのは避けられません。掛け軸の場合には汚れや傷はもちろんのこと、長期の保存によって起こりえる色剥げやシミなどにも注意が必要です。


掛け軸は表装用の布と裏打ち用の和紙と本紙の組み合わせが一般的で、これらは湿気の影響を受けやすいという特性を持っています。そのため、湿度が高くなりやすい物置などにしまっておくのであれば特に環境に気を付けなくてはいけません。

複数の業者に査定を依頼する

掛け軸は一般的な商品のように市場でおおよその相場が明確になっている物とは違って、人によって価値は変わります。


特に人気のある作家の作品は贋作と呼ばれる偽物も多く流通しているため、専門の知識と目利きの技術を持った鑑定士に依頼をすることが必要不可欠です。とはいえ、先ほども述べたように価値については人それぞれなので、同じ掛け軸でもお店によって査定の金額に数十万円の違いが出るケースは珍しくありません。


そのため、少しでも高く売ることを考えるのであれば、一つのお店で決断をするのではなく、複数のお店で査定をしてもらって比較検討をすることが大切です。この時に、鑑定書や桐箱のような付属品も一緒に出すと査定の金額がプラスに働きます。